ごあいさつ

img001.jpg

千葉県児童福祉施設協議会 会長

​ほんま   としこ

​本間 敏子

日本福祉大学社会福祉学科卒業

病院勤務後、船橋市役所入所。保育課・障害福祉課・児童家庭課に配属。

2年の再任用後に恩寵園園長就任。

千葉県児童福祉協議会 副会長(2020~2022)

Gradient

 

令和4年度から千葉県児童福祉施設協議会(千児恊)会長に就任いたしました。児童養護施設恩寵園園長の本間敏子です。昨年度までは、国府台母子ホーム園長川口学先生のもと、副会長を務めさせていただきました。当時はコロナ禍で会議や行事などが中止になったり、開催方法等工夫しながら行ったことを思い出します。いろいろお世話になりました。有難う御座いました。

 

現時点でもコロナ禍の中での会議、行事等の開催はコロナ対策を完全に行いながら開催できることを願っております。

やはり、オンラインでもラインとして繋がっておりますが、面と向かって話し合うことが大切かと思います。

 

さて、今回会長に就任することで千児恊の歴史などを再度知ることができました。

今年度、千児恊発足44年目を迎えるにあたり、今後10年20年後の子ども達、職員の皆様に安心、安全な生活を過ごせるよう、「チーム千児恊」として協力していただきたいと思います。これからも宜しくお願い申し上げます。

 

今年度は、新しく児童家庭支援センター、ファミリーホーム、新規児童養護施設からの問い合わせなどがあります。一人で悩まずみんなの力を合わせて知恵を出し合いながら千児恊の発展を望みます。

 

また、各部会,活動員委員会にも多くの施設職員が委員として参加していただくこととなります。そして、交流、共有しあう場となり職員の参加を積極的にして盛り上げたいと思います。いつも笑顔で子ども達に接してください。そして、アドボガシーを忘れずにしてください。

『子どもの権利・職員の権利・安心安全に生活できる権利を!』